投稿

膀胱を覗いたらキューブリックと出会った話

イメージ
僕は血尿持ちだ。

排泄する尿に血が混じる、というアレである。高校3年生のときの尿検査で初めて血尿だと診断された。正常値が(-)であるところ、異常値である(+)を通り越していきなり(3+)を叩き出した。柔道部には所属していたものの、それまで兆候は無かったので突然の出来事にビックリしたのを覚えている。

すぐさま再検査を行ったが、同様に異常値が出たので保健室に相談に行く。ぱっと見では異常が分からないとのことで、知り合いの医者を紹介してもらった。何度か通ってエコー検査(男の先生がヌルヌルしたゼリーのようなものを下腹部に優しくすり込んでくれる)まで実施したものの、いまいち原因が分からないとのことで次第に足が遠のいてしまった。

そして3年の月日が流れる。

大学生になったところで、半年に一回の健康診断では相も変わらず血尿と判断される。ほかに身体に不具合は無いし、ただ血が出るという体質であると決め込んで精密な検査を行おうとはしなかった。しかし、大学4年への進級を間近に、「身体検査で異常が出た学生は、しっかりと医者の検査を受けないと体育の単位を申請できない」という大学の心温まる配慮が立ちはだかった。普段はキャンパスを24時間開けっ放しで不健全極まるのに、こんなときだけ常識人ぶっている。許せない。とはいえ、体育で留年なんてまっぴらなので、夏休みを利用して病院に向かうことにした。


最初に受信した内科では採血とエコー検査、そして一日に出る尿を全部貯めて量と成分を測る「蓄尿検査」を行った。僕は合計で1600ml出たので、愛飲している健康ミネラル麦茶の2L容器が埋まりかけた。それでもやはり精密検査が必要だということで、同じ病院の泌尿器科に回されることになった。

泌尿器科なんて初めて行く。廊下の壁に貼られた、尿結石を粉砕する超音波装置のチラシが物々しすぎ笑いそうになったが、周囲にいる患者さんたちも各々シモに問題を抱えているのかと思って神妙な気持ちになった。

先生の決断は早かった。「MRIと膀胱鏡検査をしましょう」とのこと。MRIってあれか、あのトンネルみたいな未来っぽいヤツ。大掛かりな検査に興奮しかけたが、はてもう一つの膀胱鏡検査が気になるぞ。


手渡された紙に目を通す。「この検査は、尿道に内視鏡を挿入し、膀胱、尿道の状態を観察するものです。女性の場合はほとんど痛みはありませんが、男性の場合は尿…

2017年8~12月まとめ

研究発表 / 講演
・「アクターネットワーク理論のFabへの援用 」
 KEIO SFC JOURNAL Vol.17 No.1 2017, 研究ノート
 淺野義弘、田中浩也、若杉亮介
・知的財産権とビジネスモデル - ゲストスピーカー(MADEとして)

取材・製作協力
独り暮らしが寂しいので、卓上ロボットアームと暮らしてみた全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた(映像作成) ・「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方それ、ラズパイでつくれるよ——写真を自動で撮影するfabなびーーさかわ発明ラボ(高知県佐川町) ・「Autodesk University Japan」エデュケーションブースパネル作成補助 ・その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た【2017年版】日本のファブ施設調査——2年で倍増、商業施設から小さなラボまで広がる多様性(資料作成) ・「ファブ3Dコンテスト2017」エッグドロップ実践大会&授賞式レポート【Form2導入事例】「試作を外に頼む理由がない」―迅速・高品質の3Dプリントで研究開発を加速する(立命館大学川村研究室 東京分室) ・JT社内報 - ひろ街活動レポート
作品・ワークショップ ・社内イベント - 運営 ・体験型アイディアソン - 企画・運営 ・座席柄ストラップ(第2回webメディアびっくりセールにて販売)


8月中旬からは会社で働くようになり、個人での作品制作みたいなものは減った……と思いきや、月一以上のペースで記事は書かせてもらい続けているので嬉しい限りである。

失恋と剃毛

イメージ
※文中の画像はイメージですし、画像をクリックすれば引用元に移動します。
去年の誕生日の前日、当時良いなと思っていた人と食事に行った帰りに突然「私、彼氏いるんだよね」と切り出され、とっさのことで反応できずにその場を濁して終わってしまった。

自分から切り出す前にNOを突き付けられ、いわば不戦敗のような形となってしまったわけで、なんかとてもカッコ悪かった。その日はちょうど自転車がパンクしたりついてないことが続いていたので、ここでグッといければ大逆転!最高だ~!みたいな変な期待も込めていたので余計つらかった。
帰りの電車の中で無理して「今後もよろしく」的なメッセージを送りながら家に着いた時にはヘロヘロで、ちょうど24時に差し掛かるくらいのタイミングでお風呂に入った。
洗い場に入り、大きなため息と一緒に風呂用の椅子に座って視線を落とす。

そこにはもちろん位置的な関係でソレがあるわけで、普段だったらここから洗い始める(個人的な趣向ですが、泡立ちが良くて便利なので多数派だと思ってる)のだけど、その日は全然別の考えが頭をよぎった。
「……剃るか。」

理由はよく覚えていない。しょぼくれた気分のまま次の歳を迎えたくなかったことや、とにかく何かショックが欲しかったのだとは思うけど、とにかく目の前のモジャモジャを剃り倒したい気持ちになったのだ。
剃ろうと決めてはみたものの、そこにあるのは普段使っている髭剃りセットだけ。普段通り、泡を出して対象に絡め、よく泡立ててから刃を通す。長いしウネっているのでいつものようにジョリジョリとはいかない。カミソリに対する申し訳なさを感じつつ、時間をかけて作業を進めると先が見えてきた。


あらかた剃り終わったソレは、アメリカのホームドラマに出てくる調理前の七面鳥みたいな質感をしていて、なんだか「まぬけ」という表現がとてもしっくりくるものだった。ちょっと頼りなくて間の抜けたビジュアルは、過度に期待して勝手に転んだ自分の境遇にも似ていて、気の利いたジョークみたいだ。剃ったから何かが変わるわけではないけれど、ほんの少しだけ、心が軽くなった気がした。
でも、友達に「失恋したから剃った」みたいな話をしたらサイコパス認定されたので、あまり人には言わないほうがいいかもしれない。

みたいなことがあってから1年ちょっとが経ち、またしても僕は敗北してしまった。でも、今度は自分から切…

ホームセンターの最期

イメージ
セキチューみなとみらい店が今年の8/13をもって閉店してしまうらしい。ファブラボ会議が横浜で行われたときからメッチャ使っていたので感慨深い。工具が欲しかったこともあり店内に入ってみると、めちゃくちゃスッカラカンだった。


いままでビッシリ資材が並んでいた空間だったところは、床が丸見えになっている。

在庫処分的なヤツらは、まさに売れ残りって感じのニッチさ!進行止めの看板なんてどのタイミングで買えば良いのだろうか?割引だからって買うもんでもないような気がするけど…。

大胆な割引と空きスペースはあまり見る機会がないので面白い。でもちょっと寂しくもあり、なんだか不思議な空間だった。

2017年1~7月まとめ

春休みのシャカリキ感と、大学院でのもくもくとした文系チックな活動が印象に残っている。カオスとコスモスを飼いならすことが一番だ!
研究発表
・”3D Printing and IoT for Personalized Everyday Objects in Nursing and Healthcare”   SPIE Smart Structures + NDE 2017, Oral Presentation  Yoshihiro Asano, Hiroya Tanaka, Shoko Miyagawa, Junki Yoshioka  ・“Rapid prototyping workflow for personalized care items in the field of nursing   – Case study on fabricating 3D Printed Gargle basin“   The 5th International Conference on Serviceology, Poster   Ryosuke Wakasugi, Junki Yoshioka, Yoshihiro Asano, Shoko Miyagawa, Hiroya Tanaka

講演・トークセッション
FabTalkNight #04 Fab × StudentFab Meetup vol.37 〜ツールがもたらすデザインエンジニアリングの多様性〜  ※Fusion360学生アンバサダーとして ・身体がひらくものづくり ・MAKERS & FABBERS 2017 in KITAKYUSHU  Fab Talk Session「研究:研究の場としてのFABリサーチ」 SFC事例紹介 ・3Dプリンタセミナー「ウレシ楽しいFab Space!こんなことやってますレポート:各地のFab Spaceや大学での実践例」

作品・ワークショップ
・100のミライエ星座を発明しよう! - モデラーとして参加 ・鳥で始める!Fusion360モデリング講座まちもくパーク#01 上並木公園 ワークショップ1・2サポート ・社会性が身につくストラップ・IoTの化石文字もじりモジュールWS in 太宰府 ・はじめてのイラストレーター講習会 ・SFCヘボコン for ルー…

3D Builderがメッシュの分割に便利という話

イメージ
Windows10に標準でインストールされている「3D Builder」。

モデリング機能はそれほどなので侮っていたのですが、既存のメッシュデータ分割には手軽に莫大な力を発揮することに気づきました。
立ち上げたら「新しいシーン」を選びましょう
上部メニュー「挿入」から「+追加」を選び適当なstlデータを放り込む
「編集」内の「分割」を選ぶとモデルの中央に分割の断面が現れるので、
断面の位置や角度をいじって好きな場所に移動しましょう。 分割の際に上部と下部のどちら(or両方)を残すか設定できます。
いざ分割を実行すると、カンタンにスパッと切れる!断面もちゃんと埋まっています。
最後は必要なモデルだけ残して名前を付けて保存しましょう。
普段おもにRhinocerosを使っており、MeshSplitやMeshBooleanを使おうとして苦戦することが多かったのですが、3D Builderでは新しいモデルを作ることなく直接元データをいじれるのが良いですね。今のところ分割に失敗することもなく、お手軽でオススメできる方法の一つだと思います。
ちなみに「編集」メニューの中身はメッシュ削減からエンボスまで幅広く、
曲面への文字投影も秒速でできます。

「業」を物理的に背負いたかった

イメージ
学生の本分を忘れました
突然だが、最近「文字や表現を具現化すること」にハマっている。大学で3Dプリンターを触っているうちに、その素材の色や性質に感化され、やたらいろいろなものを作ってニヤニヤしては人に見せつけていた。
3Dプリンタで作った「やわらかい態度」
これを見て面白がった友人からの「みんなでやってみよう!」という提案を受け、他の人と一緒に文字をもじるイベントも開催させてもらった。老若男女が入り乱れて冗談を実現する感じはヒジョーに頭が悪く、楽しくてしかたがない。
「喧嘩を買う」(ファブラボ仙台 伊澤さん)
「知恵を絞る」(ファブラボ太宰府 今岡さん)
そしてまた突然だが、僕は今大学院の修士課程2年生だ。学部を4年間かけて卒業し、それでもまだ研究のために大学に居続けている立場である。研究自体もたいへん意義あることなのだが、最近は文字を作っているほうが楽しくなってしまいつつある。
振り返ってみれば、今の僕の暮らしは大学の設備や両親の支援によって成り立っている。なのに、勉強という学生の本分を忘れかけているのは、なんだか申し訳ない気分がしてきた。大義からそれた僕は、もはや業を背負ってしまったのかもしれない。そう、深い「業」を。
「業」を背負おう
文字を膨らませたり伸ばしたりするのは楽しい
ということで、ちゃんと「業」を背負うことにした。要は「業」の形をしたリュックサックを作ろうということである。とはいえ裁縫は不慣れなので、旅先で知り合いの力を借りながら作ることにした。
福岡県の「都府楼駅」は看板のテイストがかっこいい
ファブラボ大宰府の中澤さんは大学の先輩でもある
ちょうど福岡に行く用事があったので、空き時間に太宰府にあるファブラボを訪れた。ファブラボとは、3Dプリンタやデジタル工作機械を備えた施設のこと。ものづくり版の図書館や喫茶店みたいなものだと考えてくれればよい。
そんなものづくりに特化したスペースなので、業を作るための機械や素材はバッチリなわけである。とりあえずは試作で薄い布をレーザーカッターでカットし、ミシンで縫い合わせてみた。
レーザーカッターゆえのパーフェクトな直線が嬉しい。
それを僕のミシンさばきが台無しにして…
海洋生物のような「業」を背負わせてしまった
文字のデザインの甘さ、そして僕の無残なミシンさばきによって、やたらふにゃふにゃした生き物っぽい「業」が生まれてし…