2014年9月22日月曜日

膀胱を覗いたらキューブリックと出会った話(2)



尿道に管を通す。男子諸君ならこの響きの持つ破壊力は想像に難くないだろう。街行く人々に揉まれながら、下半身に危機の迫っていない全ての一般男性を恨めしく思う。お腹の下がキュンとする感覚と付き合いながら、一週間はあっという間に過ぎていった。

検査当日。まずはMRI検査を受けるために病院の最深部である地下3Fへ。普段目にすることの無いバイオハザードみたいなマークにテンションが上がる。ただ、強い非日常感は自分の身体への不安感もつのらせてしまう。そんなことを配慮した結果だろうか、更衣室の鍵にぶら下げられたマイメロちゃんは、どこかおどけた表情をしていた。


「膀胱に尿が溜まりきっていない」というトラブルで順番が前後した(係の人が女性だととても恥ずかしい)ものの、ほかは特に問題なく検査が終わる。検査中は大きな音がするので耳当てを着用させられるのだが、部屋の片隅から終始原住民っぽいリズムが聞こえていたのが気になった。

いよいよである。再びひっそりした泌尿器科受付に向かう。カーテンで仕切られた区画に通されると、まずは着替えを命じられた。下半身すっぽんぽんになったのち、検査用トランクスなるものだけを着用する。このトランクス、焼き肉屋で使う紙エプロンのような質感でフワッとした履き心地なのだが、前方の股間部分がバックリと開かれており、そこから息子がHello World状態になっているというシロモノだった。


続いて座らされた検査用のイスも特殊な仕様である。上の写真の状態から更に両足が左右に開かれ、最後はお尻がもう一段階下がって準備完了。この体勢を再現してみれば分かると思うが、コレがめちゃくちゃ恥ずかしい。自分の最大の弱点をさらけ出している上、これから何をされても抵抗できないという事実を実感させられ、ひどく羞恥心を抉られる思いだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿