投稿

2015の投稿を表示しています

回る諭吉と愛校心 ー 慶応SFCヘボコンレポート

イメージ
SFCの技術が集まる...!
技術力の低い人のためのロボットコンテスト、通称ヘボコン。いまや世界20カ国以上で開催されている、一大へっぽこムーブメントだ。ところで筆者の通う大学、慶應SFCの図書館には誰もが自由に使えるものづくり機材が設置されている。これを使ってヘボコンを開催したら、見たことのないロボットが出てくるんじゃないだろうか。


大学でヘボコンをやってみよう
3Dプリンタやレーザーカッターといったデジタル工作機械が騒がれて久しい。弊大学(慶応大学湘南藤沢キャンパス)ではいち早く図書館にそれらを取り入れ、学内の誰でも無料で利用できる「ファブスペース」という環境が作られた。

もちろん日々の学習や研究にたっぷり使われているのだが、個人的にはどんどん変なことにも使って欲しい。そんな思いから、勝手に変なものを作ったりイベントを計画したりと好き勝手に遊んできた。

3Dプリンタでゴミを作る
ミスコン出場者にさわれるようにする

来年の卒業を控えたいま、もっと多くの人を巻き込んで何かやってみたい。そんなことを思っていた折、ヘボコンマスターの石川さんにインタビューをする機会があり、大学や企業での大会を推進したいというお話を伺った。

それならばウチの図書館でヘボコンができないだろうか?とスタッフの方に相談したところ、スルッと理解が得られ(ありがとうございます)、かくしてSFCヘボコンが開催されることとなったのである。


SFCヘボコン、波乱の幕開け
会場となる大学図書館に、8組の参加者が集まる。 また、特別審査員として石川さんにもお越しいただいた。
ヘボコンのルールは、基本的にはロボット相撲。今回は特別ルールとして、ファブスペースの機材でつくったものを一つ以上盛り込むことがロボットの条件になっている。高性能の機材をどう使い損ねているかが鑑賞のポイントですよ。

震えるだけの『ルンバ』
最初の試合に登場した『ルンバ』は、図書館をきれいにするための掃除ロボット。3Dプリントした顔面が威圧しながら、モーターの振動でタワシが無秩序に動いていく。
回るだけの『魔王』
必殺技は、小学生もビックリの「直列つなぎ」 この青いケーブルを覚えておいて欲しい
対する『魔王』は目の前に突き出た棒が延々回るロボット。相撲というルールは事前に伝えておいたはずなのだが、進もうという気概が一切感じられないのがむしろ心地よい。尚、人…

「ヘボコンはいまだにお客さん感覚です」ー 石川大樹さんインタビュー

イメージ
技術力の低い人限定のロボットコンテスト、通称ヘボコン。
工作能力の低い人たちが集まり、でたらめではかないロボットたちを戦わせるイベントだ。

まずは是非上の映像を見て欲しいのだが、もう全てがたまらない幸せな7分間。すっかりその魅力にとりこまれた僕は、無茶を言って大学(SFC)の図書館で開催することにしてしまった。

「SFCヘボコン」開催を間近に控えたいま、イベントのきっかけになったインタビューをふりかえってみよう。お相手は、ヘボコンの創始者である石川大樹さん。ヘボコン、ひいてはものづくりなどなど、多岐に渡った内容をお伝えできれば幸いだ。


石川大樹(いしかわ だいじゅ) 
デイリーポータルZ編集/ライター・ヘボコンマスター。
「しょうゆを自動でかけすぎる機械」「メガネに指紋をつける機械」など、嫌がらせ分野を中心として雑な電子工作を制作。DIYギャグ作家。 → 個人サイト

デイリーポータルZ
ニフティが運営するオルタナ系読み物サイト。
毎日3 本、ゆるっとしたおもしろ記事が掲載される。
食べ物からダムまで、ジャンルはほぼ無限大。毎日見てます。



1. ヘボコン開催のきっかけ
ーヘボコンを開催するまでの経緯について教えて下さい。

僕は編集という立場でライターの人がいろんなことをやるのを見ているんですけど、工作に失敗する記事がすごい好きなんですよ。最初のヘボコンで「Amazing Quick Floor」を作った斎藤さんという人がいるんですけど、あの人がすげぇ工作下手で、僕はあの人の工作記事が毎回好きだったんです。そういう失敗作とかダメな工作とかを単純に見たい、いっぱい見たいっていうのがあって、それがヘボコンをやった一番の理由ですかね。

「Amazing Quick Floor」の裏側
斎藤さんの最新作、夢の靴下かわかしマシン
時系列でいうと、おととしくらいのMakerFaireをやったあとに、そういう失敗作ばっか集めたMakerFaireみたいなのをできないかって自分のブログに書いたんです。それは割と評判にはなったんですけど、出たいっていう人は2人くらいしか現れなかったので一旦諦めました。


こちらは石川さんがMakerFaireに出展した「しょうゆかけすぎ機」。

ーある程度反響はあったけど、イベントとしては結実しなかった。

そうですね。みんな見てみたいけど、別に自分では出たくないという…

耳を痛めた話

イメージ
中耳炎の疑いがあり、耳鼻科にかかった。
去年の夏は血尿の原因診断のために、尿道に管を通していた。
23にもなると、体にほころびが出てきてしまうのだろうか..

もろもろあって今は大丈夫になったのですが、何を処置されたのか、医療費明細書からしっかり見てみよう。

・鼻処置(鼻吸引,単純鼻出血及び鼻前庭の処置を含む)
 綿棒とかなんかの噴射機を使って鼻を綺麗にする。
 やたら長くて奥まで通り、もちろんえづきそうになる。
 子供はこの世の終わりのような声で泣いていた。


・(両耳)耳処置(耳浴及び耳洗浄を含む)
 耳に茶色い液体をブジャーっと注がれ、いったん紙を詰めて軽く拭き取る。
 その後綿棒などで奥の方に軟膏っぽいものを塗る。
 普段は入らないところまで到達するので少し気持ち良い。


・鼻腔ネブライザー
 合体変形しそうな響き!
 ネブライザー治療とは、機械で薬を霧状にして患部に当てる方法らしい。


 こんな感じで、机から伸びたチューブを鼻に差し込んで利用する。  鼻から吸って、口から吐くのをしばらく(2分くらい?)続けるというもの。  両鼻に差し込むのはなんだか恥ずかしい気持ちになる。


鼻を綺麗にして、耳に薬を塗って、鼻から薬を吸引する、の繰り返しだった。 結局は耳をほじりすぎたあたりに原因がありそう。気をつけねばだ..

自動ふりかけマシン制作記

イメージ
研究室の個人プロジェクトで自動ふりかけマシンを製作した。その名も「ふりかけプロッタ LunchBot」。ひとまずの完成をみたので、制作ログを残しておく。


冗談から出た米

 食絡みの3Dプリンタは結構多く、チョコとか砂糖とかパンケーキとかたくさんある。そんな中、我々日本人はやはり米でしょ、ということで弊研究室では米粉3Dプリンタの開発が進んでいた。


 もちろん米粉もいいけれど、僕としてはふりかけの方が馴染み深い。ふりかけで弁当の上にいろんな絵が描けたら面白いだろうなーなんていう話をしてたら、米粉プリンタの展示に合わせ、隣にふりかけ弁当を置くことになってしまった。


ふりかけシート




 そんなわけで、まずはステンシルのようにふりかけシートを作ってみた。下の写真はそれっぽく見えるが、お察しの通り黒ゴマの力を借りなければ成立しない。
 問題点は二つ。ひとつは製作の行程でレーザーカッターを使用するので手間がかかり、ゴミもたくさん出ること。そして最大の問題は、シートにごはんがくっつきまくること!柄を変える度にシートを作り直さなければいけないし、そのシートも簡単に使えなくなってしまうため、この方式はベターじゃないと早々に察する。

試作機での試行錯誤



 直接米に触れないよう、高い位置からふりかけを落とす方針に転換した。アクリルとシャフトを購入して筐体を組み立て、Arduinoで位置制御をしようと試みたが、滑りがキツかったりトルクが足りなかったりと実力不足が明るみに。残念ながら実働することはなかった。


 ただ、ふりかけを落とす機構が確立したことは大きな成果である。人間がふりかけを振るときのように、いかに衝撃を与えるか。名著「メカニズムの辞典」などを参考に、独特な形のカムを回転させる発想に至った。

ついに完成!

 マシンが動かない原因をさぐるなか、後輩たちが3Dプリンタを制御するコードを勉強している場面に遭遇。スルーしてきた道だが、好奇心からいじってみると意外と簡単であることに気がつく。もしかして、1から作るよりも3Dプリンタを改造した方が早いんじゃないか?


そんなわけで完成したのがこちら。ふりかけを落とす機構を無理やり3Dプリンタ(solidoodle)に組み込んだ。技術的な話をすると、エクストルーダーが温まらないとモーターが動いてくれない問題に頭を悩ませた。解決策は「M302:Allow …