投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

「業」を物理的に背負いたかった

イメージ
学生の本分を忘れました
突然だが、最近「文字や表現を具現化すること」にハマっている。大学で3Dプリンターを触っているうちに、その素材の色や性質に感化され、やたらいろいろなものを作ってニヤニヤしては人に見せつけていた。
3Dプリンタで作った「やわらかい態度」
これを見て面白がった友人からの「みんなでやってみよう!」という提案を受け、他の人と一緒に文字をもじるイベントも開催させてもらった。老若男女が入り乱れて冗談を実現する感じはヒジョーに頭が悪く、楽しくてしかたがない。
「喧嘩を買う」(ファブラボ仙台 伊澤さん)
「知恵を絞る」(ファブラボ太宰府 今岡さん)
そしてまた突然だが、僕は今大学院の修士課程2年生だ。学部を4年間かけて卒業し、それでもまだ研究のために大学に居続けている立場である。研究自体もたいへん意義あることなのだが、最近は文字を作っているほうが楽しくなってしまいつつある。
振り返ってみれば、今の僕の暮らしは大学の設備や両親の支援によって成り立っている。なのに、勉強という学生の本分を忘れかけているのは、なんだか申し訳ない気分がしてきた。大義からそれた僕は、もはや業を背負ってしまったのかもしれない。そう、深い「業」を。
「業」を背負おう
文字を膨らませたり伸ばしたりするのは楽しい
ということで、ちゃんと「業」を背負うことにした。要は「業」の形をしたリュックサックを作ろうということである。とはいえ裁縫は不慣れなので、旅先で知り合いの力を借りながら作ることにした。
福岡県の「都府楼駅」は看板のテイストがかっこいい
ファブラボ大宰府の中澤さんは大学の先輩でもある
ちょうど福岡に行く用事があったので、空き時間に太宰府にあるファブラボを訪れた。ファブラボとは、3Dプリンタやデジタル工作機械を備えた施設のこと。ものづくり版の図書館や喫茶店みたいなものだと考えてくれればよい。
そんなものづくりに特化したスペースなので、業を作るための機械や素材はバッチリなわけである。とりあえずは試作で薄い布をレーザーカッターでカットし、ミシンで縫い合わせてみた。
レーザーカッターゆえのパーフェクトな直線が嬉しい。
それを僕のミシンさばきが台無しにして…
海洋生物のような「業」を背負わせてしまった
文字のデザインの甘さ、そして僕の無残なミシンさばきによって、やたらふにゃふにゃした生き物っぽい「業」が生まれてし…